何年くらい持つの

何年くらい持つの

インプラントが永久的に使えるのか気になっている方も多いと思います。

簡潔にいうと、インプラントは金属でできている為虫歯になることはなく、一生使うことができます。

しかし、お口の中にずっと保っていられるのかというと、そうとは限りません。
インプラント周囲炎にかかってしまうと、インプラントが抜け落ちてしまうことがあります。

インプラントの土台となっているのは自身の顎骨で、その周囲には歯ぐきがあります。

磨き残しが原因でインプラントの根元にプラーク(歯垢)がたまると歯垢の中の細菌が毒素をだし、細菌が入る隙間(歯周ポケット)ができてしまいます。
そうまるとますます細菌が入りやすくなり、インプラント周囲の骨を徐々に溶かしてしまいます。

土台となる骨がなくなってしまうとインプラントはやがてぐらつき、抜け落ちてしまうのです。

これがインプラントの歯周病ともいわれている、インプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎は防げるの?

インプラント周囲炎の原因は細菌です。

毎日の歯磨きやフロスを使った手入れを丁寧に行ったり、定期的に歯科医院に行ってクリーニングしてもらうなどしてプラーク(歯垢)をお口の中にとどめておかないことで、防ぐことができます。

インプラントは天然歯よりも細菌感染に弱いです

天然歯、つまりご自身の歯の場合には歯の根元と骨との間に歯根膜といわれる組織があり、その膜から歯ぐき・歯槽骨(顎の骨)へと血液がいきわたります。

歯ぐきや歯槽骨に血液が供給されている状態だと細菌への抵抗力がある程度あるのですが、インプラントを入れてしまうとその歯根膜がない為、細菌への抵抗力が非常に弱くなってしまいます。

そのため、インプラントは天然歯よりも細菌に感染しやすいのです。

perio2

「歯軋り」や「食いしばり」のある方はご注意を

「歯軋り」や「食いしばり」のある方はご注意を

先ほど述べた歯根膜には歯ぐき・歯槽骨への血液供給だけでなく、食べ物を噛む時にかかる力を抑えるクッションの役割もあります。

しかし歯根膜のないインプラントの場合は噛む力がダイレクトにインプラントに伝わってしまいます。

インプラント・上部構造(被せ物)が正常な状態で入っていれば力はまっすぐにかかるので問題ありませんが、かみ合わせが悪いと変な方向に力がかかってしまい、インプラントを駄目にしてしまいます。

また、日常的に「歯軋り」「食いしばり」などがある場合は常に強い力がインプラントにかかっているため、ナイトガードと呼ばれるマウスピースを装着するなどし、衝撃を和らげてあげる必要があります。

かみ合わせは常に変化しています

噛み合わせはインプラントにした歯だけでなく、その周囲の歯の状態によって日々変わっていきます。

インプラントを入れた場合は歯のクリーニングだけでなく、かみ合わせのチェックのためにも定期的に歯科医院にいくことがインプラントを長持ちさせる秘訣です。



Page Top