最新設備・技術が備わっている

最新設備・技術が備わっている

インプラント治療は外科的な手術の伴う治療です。

そのため、設備や技術を十分に備えている歯科医院で治療を受けることが望ましいです。

CTによる撮影、診断

CTによる撮影、診断

インプラント手術を成功させる為には、骨の状態を正確に把握しておくことは必要不可欠です。
しかし、今の日本ではCT撮影を行わずに、パノラマレントゲンだけで手術が行われているケースが多々あります。

全ての症例でCT撮影が必ず必要だというわけではありませんが、パノラマレントゲンでは平面的な情報しか得ることができず、骨の厚み(厚さ)を把握することはできません。
インプラント手術失敗のリスクをさげるためにも、手術前にCTでの診断を行った方がいいでしょう。

CTを常備している歯科医院の方がいいの?

CTを常備している歯科医院と、CTがなく他院にCT撮影を依頼する歯科医院とがありますが、CT画像を正しく診断し、シュミュレーションしてくれる歯科医院ならCTの有無は大きな差にはなりません。

逆に、CT機器があるにもかかわらず、正しい診断のできない歯科医院では意味がありません。

CT診断は治療経験と知識によるものも大きいので、十分な治療実績のある歯科医院・歯科医師を選ぶことが望ましいです。

ただし、骨の量が少ない方や人工的に骨を増やす骨造成手術を行った方は、手術中もCT撮影ができるようCTを備えている医院で手術をうける方が安心です。

衛生面・安全面に配慮した医院

衛生面・安全面に配慮した医院

インプラントは細菌に非常に弱く、細菌感染を起こしてしまうとインプラントが定着しないこともあります。
インプラント手術を成功させる為には細菌感染を起こさないことが重要です。

治療器具の完全滅菌や手術に立ち会う歯科医師や助手の手袋着用は当然なされているべきです。

さらに、歯科医院は歯や入れ歯などを削ることを伴う治療を行っている為、細かいゴミが空中を舞いやすい空間です。
インプラント手術中にそららが付着すると細菌感染へつながるおそれがあります。
そのため、インプラント専用の手術室を備えているところ、またはインプラント手術中は他の患者を入れない歯科医院が望ましいです。

インプラント体にも注意を!

インプラント体は骨との定着をよくするために表面が特殊加工されており、口腔内に埋入する前にインプラント体が細菌のあるところに触れてしまうと、インプラントが定着しない恐れがあります。

あってはならないことですが、インプラント体の使い回しをしている医院はもってのほかです。

手術直前、あるいは手術中に患者の目の前でインプラントを開封することを徹底している歯科医院の方がより安心できると思います。

生体情報モニタ

生体情報モニタ

生体情報モニタは術中の血圧・脈拍・心電図・SPO2値などを計測する機器です。

常に監視することで不測の事態に備えることができます。

特に、高血圧や全身疾患のある方、高齢者の方はこれにより安心して手術を受けることができるようになります。



Page Top