インプラントの治療期間

インプラントの治療期間

治療期間

インプラントの治療期間は、一般的に3ヶ月~1年程度かかるのがほとんどです。

虫歯治療などと比べてずいぶん治療期間が長いと感じるかもしれませんが、インプラントと顎骨が結合するのに2~6ヶ月くらい待つ期間があり、歯科医院に行く回数はそれほど多くありません。

大まかな治療の流れとして、

  1. インプラントを骨に埋め込む
  2. 骨とインプラントが結合するのを待つ(3~6ヶ月)
  3. アバットメントを付け、上部構造を被せる

と3段階に分けられます。

インプラント 治療の流れ

ではもう少し具体的に治療の流れを見ていきましょう。

1.インプラントを骨に埋め込む(一次手術)

まず手術を行う前にレントゲン・CTを用いて骨の量(厚み・高さ)や口腔内環境を確認し、治療計画を立てます。

先に立てた治療計画を元に局部麻酔、または全身麻酔をかけた後歯ぐきを切開し、骨に穴を開けインプラントを埋入します。

2.骨とインプラントが結合するのをを待つ

一次手術後、インプラントと骨が結合するのを待ちます。(3~6ヶ月)

3.アバットメントを付け、上部構造を被せる(二次手術)

骨とインプラントが結合したら、インプラントと上部構造をつなぐ「アバットメント」を装着します。
そして、仮歯で調整した「上部構造(被せ物)」をインプラントに装着します。

なお、インプラント手術前に抜歯をする場合や、骨量不足で骨を足す手術(骨造成手術)を行った場合はさらに半年~1年程度かかることがあります。



Page Top