入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯・ブリッジとの違い

歯の模型

失った歯の代替治療にはインプラントの他に「入れ歯」「ブリッジ」という治療法があります。

それらの治療法について大体知っているという方は多いと思いますが、ここではそれぞれの治療法のメリット・デメリットも交え、詳しく説明していきます。

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯は大抵の症例に対応することができる治療法です。

欠損してしまった周りの歯にバネをかけて入れ歯を支える部分入れ歯や、歯茎の上にのせる総入れ歯などがあります。

メリット

  • 大抵の症例に対応することができる
  • 保険が適用されるので治療費が安い(素材によっては自由診療になることもあります)
  • 治療にかかる時間が短い
  • 取り外せるので、手入れがしやすい

デメリット

  • バネをかけた歯への負担が大きい
  • 咀嚼力が低下しやすくなる
  • 部分入れ歯の場合、金属のバネが目立つ
  • 違和感が大きい
  • こまめに外し、手入れが必要
  • 食べ物が詰まりやすい

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは失った本数が1~2本と少なく、隣り合っている場合に行う治療法です。

健康な歯を支柱にし、連結した人工歯で橋をかけます。

入れ歯に比べて安定しやすく、違和感も少ない治療法です。

メリット

  • 違和感が少ない
  • 審美性の高い素材なら、見た目の違和感はほとんどない
  • 保険が適用される(審美性の高い素材は自由診療)
  • 治療にかかる時間が短い
  • 咀嚼力が低下しにくい

デメリット

  • 健康な歯を二本、削る必要がある
  • 支えとなる歯への負担が大きい
  • 欠損歯が多かったり、欠損歯の隣が差し歯だとできない

インプラント

インプラント

インプラントは欠損した部位に人工歯根(インプラント)を埋め込む治療法です。

非常に安定しやすく、違和感もほとんどありません。また、隣り合う歯に負担をかけることなく治療ができます。

保険適用外なので治療費が高額になりやすく、外科的手術が必要です。

メリット

  • 違和感がほとんどない
  • 周囲の歯に負担がかからない
  • 見た目の違和感はほとんどなく、審美性に優れている
  • 咀嚼力が低下しにくい
  • 自分の歯と同じようにほとんどの食べ物がしっかり噛める
  • 食べ物が挟まることがほぼない

デメリット

  • 外科的手術が必要
  • 治療期間が長くなりがち(半年~一年程度)
  • 自由診療となるので、治療費が高額になる
  • 顎の骨量が足りない場合、インプラントを入れることができない


Page Top