インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは虫歯や歯周病(歯槽膿漏)、外傷などによって失った歯、あるいは先天的な要因で生えなかった天然歯の代替としてインプラント(人工歯根)を埋め込む治療のことをいいます。

顎の骨にインプラントを埋め込みその上に被せ物(クラウン)をつける為、入れ歯やブリッジと違い天然歯と見分けが付かないほど審美性に優れており、噛む力(咀嚼力)を低下させることないなど、失った歯だけでなく周りの残存歯や顎骨にとってもいい治療法といえます。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントは

「フィクスチャー」

「アバットメント」

「上部構造」

の3つで構成されています。

「フィクスチャー」

インプラント(人工歯根)。土台となる骨に埋め込み、上部構造(被せ物)を支える柱になります。

「アバットメント」

インプラントと上部構造をつなぐ部分。上部構造を固定する支えとなります。

「上部構造」

インプラントの上に被せる人工歯。被せ物ともいう。

インプラントの素材は?

インプラントの素材は?

インプラントの素材には、純チタンが使用されています。

純チタンは私たち人間の体に非常になじみやすく、骨との結合性が高い素材です。
チタンはインプラントだけでなく、人工関節などにも用いられており、生体親和性の高い素材といえます。



Page Top